送迎ドライバーのデメリット

時間が短いことによる収入減

送迎ドライバーの種類として、幼稚園児や介護者や会社役員などの人々で区分けされます。基本的に往復の送迎のため短時間勤務になるのです。従って雇用形態が正社員ではなくアルバイトやパートが多いです。また、正社員であったとしても勤務時間が短いため収入が低くなる傾向があります。これを防止するには、送迎ドライバー以外にも業務内容があるかどうかが重要となります。例えば、タクシー会社で送迎ドライバーとして採用されると送迎以外の場合はタクシー業務や運行管理業務に携われるのです。また、幼稚園や保育園で送迎ドライバーとして雇用された場合、送迎以外で園の運営に関する業務を与えてくれるならば労働時間は長くなるのです。求人の内容の確認が重要です。

コミュニケーションが必要

送迎ドライバーはお客様を気持ちよく送迎することがポイントです。固定化されたお客様を送迎することとなるため、コミュニケーション能力が重要となります。基本的には、世間話や送迎スケジュールの確認といった仕事の内容です。社内の雰囲気をよく保つことが重要となるのです。従って、寡黙であったり、自己中心的な会話をすることはふさわしくありません。また、お客様に快適に乗車してもらうためドアをあけたり荷物を持ったりといった接遇の能力も必要です。その基本となるのが挨拶です。研修で身に付けることができるので面談などでどの程度のスキルが必要か確認しておくことがポイントです。お客様のプライバシーに触れることも多いため守秘義務も必要となります。

運送業の求人は、大型や中型の免許があれば経験の有無にかかわらず応募可能なものが多く、中高年の求職者も年齢的な面でハンデを感じることなく働き続けることができます。