タクシードライバーのメリット

最大の魅力は自分のペースで仕事ができる

タクシードライバーの最大のメリットと言えるのが、企業に従事しているサラリーマンと比較すると仕事の自由度が高いという事です。仕事前と仕事終わりに営業所に立ち寄る必要がありますが、勤務時間中は自分のペースで仕事をする事ができます。例えば、少し疲れが溜まっていると感じた場合は、休憩時間を多めに取るという事も可能です。またタクシードライバーは一人で勤務する事がほとんどであるため、上司や同僚などとの人間関係に悩む事があまりないのも大きなメリットと言えます。

一方、給与面では多くのタクシー会社が基本給に加えて歩合制を導入している傾向があります。そのため、一定の給与で満足するか、努力して収入アップを目指すかを自由に選択する事もできます。企業に縛られる事なく、マイペースで仕事をしたいという方には最適な職業と言えるでしょう。

タクシードライバーの休日は多い

休日が多いという点もタクシードライバーならではのメリットと言えます。一昔前は残業時間の多さが問題になった時期もありましたが、国がそれに厳しい罰則を設けた事もあり、現在では原則残業はできない仕組みとなっています。多くのタクシー会社では夜勤を含めたシフト制を導入していますが、タクシードライバーは1日中働いて次の日は休日になる隔日勤務が基本となっている傾向にあります。そのため、月の半分以上が休日になる場合もあるので、プライベート時間が十分確保できるのは魅力的と言えます。企業に勤めているサラリーマンのように残業が当たり前で帰りが毎日遅いといった生活はほとんどなく、家族サービスや趣味などに余裕を持って時間を使う事ができるでしょう。

ドライバーの転職は、長期間の実務経験がなくても、毎日の業務に必要な運転免許とある程度の体力さえあれば、新しい職場で高待遇で働くことが可能です。