送迎ドライバーのメリット

社会的に貢献できやりがいを感じられる

送迎ドライバーのメリットは、社会貢献というやりがいを感じながら仕事を続けられるということです。送迎ドライバーとは、病院や介護施設に通う人、学校に通う学生などを車で送り迎えする仕事です。学校へ通う子供たちや体の不自由な方の移動のお手伝いをすることができるため、社会の役に立っていると実感しながら働くことができます。送迎ドライバーはタクシードライバーと違い、乗せるお客さんが決まっていることが多いので、顔見知りな関係になることもできます。いつも利用してくれるお客さんから顔を覚えてもらえて、直接ありがとうの感謝の言葉をもらえるのも、送迎ドライバーの魅力的な部分であり、やりがいを感じられる瞬間となるでしょう。

安定的に続けることができる

送迎ドライバーは利用する人が決まっているため、同じような時間に送迎を行います。そのため、残業が発生しづらい勤務形態となっており、生活リズムを整えやすいのがメリットです。お客さんを安全に目的地に送り届けるため、ドライバーは健康管理がとても重要です。無理をして仕事量がキャパオーバーになってしまうと、腰を痛めたり精神疾患を患ってしまったりすることもあります。送迎ドライバーは日勤のみの求人も多く、規則正しい勤務時間と休日によって安定的に仕事を続けることができます。 AIが発達する現代では、たくさんの仕事が将来なくなると言われており、ドライバー業もその限りではありません。しかし、送迎ドライバーは相手への気遣いや配慮が必要であり、機械には人間の感情や気持ちに沿った対応は難しいです。そのため、自動運転が当たり前の時代になっても送迎ドライバーは簡単に淘汰されるとは考えづらく、唐突に職を失う可能性は低いです。